町田市 よくある質問と回答(FAQ)
multilingual
文字サイズ:
更新日: 2021/03/31
  • 質問:2293 新生児聴覚検査の受診票を使用できない医療機関で検査を受けた場合の助成制度について知りたい

  • 里帰り出産等のため、新生児聴覚検査受診票を使用できない医療機関で検査を受けた方に対し、その検査費用の一部を助成します。
     
    ■ 助成対象:次の要件を満たしている方
    ・新生児聴覚検査を受けた日に、母親が町田市の住民であった方
    ・新生児聴覚検査受診票を使用できない日本国内の医療機関で実施した新生児聴覚検査をうけた方
    ・新生児聴覚検査は生後50日までに達する日までに受けたものであること
    ■ 申請できる方
    対象児の保護者
    ■ 申請期限
    出生日から1年以内(対象児の1歳誕生日の前日まで)
    ■ 提出書類
    ・町田市新生児聴覚検査受診費助成金交付申請書
    ・町田市新生児聴覚検査受診費助成金交付請求書
    ・債権者情報登録依頼書
    ・未使用の新生児聴覚検査受診票
    ・母子手帳の「新生児聴覚検査の記録」欄の写し
    ・医療機関発行の領収書の原本
    (詳しくは、まちだ子育てサイトに掲載しています。また、申請書類はダウンロードできます。)
    ■ 申請方法 提出書類を保健予防課母子保健係まで郵送(町田市原町田5-8-21)またはご持参ください。申請から助成金の振込みまで、おおむね1か月程度かかります。




    【関連リンク】

    新生児聴覚検査費用助成のご案内
    https://kosodate-machida.tokyo.jp/mokuteki/1/9/4181.html



    【お問合せ先】

    保健予防課 母子保健係
    TEL:042-725-5471
    FAX:050-3161-8634

    担当課詳細:http://www.city.machida.tokyo.jp/shisei/shiyakusyo/gyomu/hokenjo/hokennyobou.html
    • このQ&Aを見た人は、他にもこんなQ&Aも参照しています。
    • このFAQで疑問は解決しましたか?
      FAQを充実させるため、評価にご協力ください。