町田市 よくある質問と回答(FAQ)
multilingual
文字サイズ:
町田市FAQ>Q&A詳細
更新日: 2022/01/11
  • 質問:2681 都外の医療機関にかかった、乳幼児医療証(マル乳)・義務教育就学児医療証(マル子)を忘れた等で乳幼児医療証・義務教育就学児医療証を使用せずに受診した医療費の支給申請をしたい

  • 子ども総務課または各市民センター、木曽山崎コミュニティセンター、玉川学園コミュニティセンター、南町田駅前連絡所(南町田リエゾン)、鶴川駅前連絡所で申請してください。支給申請書は各窓口にあります。市役所のホームぺージの「申請書一覧」からダウンロードすることもできます。以下の書類が必要です。

    ①医療証(乳幼児医療証・義務教育就学児医療証)
    ②お子様の加入保険証
    ③領収書(受診者名、保険点数または保険診療分金額が記載されているもの。記載が無い場合は受付できない場合があります)
    ④医療証に記載されている保護者名義の振込口座番号等がわかるもの。※ゆうちょ銀行の口座の場合は振込み用の店番号・預金種目・口座番号が必要です。


    振込み日は申請した月の翌月末となります。入院費など、高額の医療費がかかっている場合は更にお時間をいただく場合があります。

    ★ご注意ください
    ※ 合計金額だけ表示されている領収書の場合は、医療機関で受診者名、保険点数を記入してもらってください。
    ※ 保険適用外の医療費は助成の対象になりません。
    ※保険適用になるが、医療機関の窓口で健康保険証を提示できずに医療費全額支払いした場合は、健康保険への請求手続をして支払い金額が決定してから請求してください(町田市国保の場合は保険請求と同時に受付けます)。
    ※ 支給申請書は郵送でも受付しますが、郵送事故等は責任を負いかねます。
    ※ 領収書の返却を希望される方は、お申し出ください。全額助成される場合は領収書はお返しできません。子ども総務課での申請は即日返却、各市民センター、木曽山崎コミュニティセンター、玉川学園コミュニティセンター、南町田駅前連絡所(南町田リエゾン)、鶴川駅前連絡所での申請は後日郵送で返却します。
    ※都内医療機関の場合は受診日の同月内であれば医療証・保険証・領収書を医療機関に持参すれば窓口で払い戻しをしてくれる場合があります。医療機関にお問い合わせください。




    【関連リンク】

    乳幼児医療費助成制度
    https://kosodate-machida.tokyo.jp/mokuteki/2/4/kakusyuiryouhijyosei/3148.html

    義務教育就学児医療費助成制度(マル子医療証)
    https://kosodate-machida.tokyo.jp/mokuteki/2/4/kakusyuiryouhijyosei/3152.html



    【お問合せ先】

    子ども総務課 手当・医療費助成係
    TEL:042-724-2139
    FAX:050-3101-8377

    担当課詳細:http://www.city.machida.tokyo.jp/shisei/shiyakusyo/gyomu/seikatsu/seikatsu01.html
    • このQ&Aを見た人は、他にもこんなQ&Aも参照しています。
    • このFAQで疑問は解決しましたか?
      FAQを充実させるため、評価にご協力ください。